路上の点字ブロックを踏んだときに、いい感じに足のつぼに入ってちょっと気持ちよかったときだけ、生きていると実感することができる。