たまに母校の大学図書館に行って、女子大生の匂いを嗅ぎながら勉強しているときにだけ、生きていると実感することが出来る。